公認会計士という仕事

公認会計士という職業について説明します。資本市場に属する企業は、投資家に対して経営内容の開示が求められ、財務情報を公開しています。これを情報公開と言いますが、経営者が正しい情報を開示しているかどうかを証明することはできません。そこで登場するのが独立した第三者である公認会計士であり、公認会計士が行う検証を「監査」と言います。公認会計士の監査は、その内容に不正がないかどうかをチェックする機能であり、金融商品取引法において、全ての上場企業に公認会計士監査が義務付けられています。独立した立場で監査を行うことで、投資家は安心して投資を行うことができます。また、企業だけではなく、学校法人や労働組合、政党等も、財務諸表が正しいという保障が求められる事業団体は、法律上監査が義務付けられていますので、公認会計士の役割の重要性が伺えます。

公認会計士としての就職先は、いわゆる監査法人になります。公認会計士は会計処理の専門家であり、高度で複雑な会計処理の確認能力が問われますので、数字に強いことが大切なポイントになります。公認会計士になる為には、これらの知識をしっかりと学び、身につける必要がありますので、効率的な勉強方法が決め手になると言えるでしょう。