資格取得までの流れ

公認会計士になる為の過程において、まず最初に受験するマークシート形式である短答式試験、後に受験する、記述形式である論文式試験の二種類があります。短答式試験に合格した場合のみ、論文式試験を受ける資格が与えられますので、まずは短答式試験の合格を目指すことになります。試験内容については、財務会計論、管理会計論、監査論、企業法の4科目です。次に受ける論文式試験の内容とは、必須の4科目、監査論、租税法、会計学、企業法に加えて、経営学、経済学、民法、統計学から選択1科目、合計5科目となります。

この二つの試験合格を経て、日本公認会計士協会準会員として登録されることになります。この段階でまだ「準会員」であり、「正会員」になる為には、筆記試験合格後も、更なる課題が待っています。公認会計士の資格を取得する為には、監査法人に就職し、公認会計士として2年間以上の業務補助経験を積む必要があります。公認会計士としての知識や経験を積む必要があり、更に補習所へ通うケースもあります。この実務経験は、監査法人だけではなく、公認会計士法施行令第二条に定められている業務であれば条件を満たすことになりますので、一般企業の財務、コンサルティング業務をすることで条件をクリアするケースもあります。